気になるワキガのニオイですが、なぜワキガになってしまうのでしょうか?日本人には少ないと言われているワキガですが、欧米化してきた食生活など生活習慣などで突然発症してしまう人も少なくありません。

スポンサーリンク

ワキガになってしまう仕組み

ワキガは、脇臭症と言って脇から発生する悪臭のことを言います。汗自体は、水分がほとんどですのでニオイません。

ですが、アポクリン汗腺という汗腺から出る汗には、脂質・タンパク質・糖質・アンモニアが含まれており、これらの成分が分解されるときに独特のニオイを発生させるのです。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺とは

汗腺は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という2種類に分けられます。

全身に分布していて、水分99%に塩分が含まれサラサラした汗を出すのは、エクリン汗腺という汗腺です。

そして、脇・耳の穴・乳首・乳輪・陰部など限られた場所に存在する汗腺がワキガの原因となるアポクリン汗腺です。アポクリン汗腺から排出される汗はワキガの原因なだけではなく、粘り気があり黄色っぽいという特徴があります。

アポクリン汗腺を活発にさせる原因

アポクリン汗腺は、欧米化された脂質の多い食べ物によって活発化してしまいます。特に動物性たんぱく質が含まれている肉は控えるといいでしょう。

また精神的なストレスによる発汗の場合もアポクリン腺が活発になりますので、あまりストレスをためないようにするといいでしょう。

ワキガが発症する原因

アポクリン汗腺は誰もが持っている汗腺ですが、なぜワキガ体質になる人とそうじゃない人がいるのでしょうか。ワキガが発症してしまう原因には様々なものがありますので詳しくご紹介します。

親からの遺伝やカラダの体質

ワキガは優性遺伝で両親がワキガの場合は80%の確率、両親のうち片方がワキガの場合は50%の確率で子供に遺伝します。

ワキガ体質というのはアポクリン腺が活発に動く体質ということで、ワキガ臭が強く臭うかどうか、ワキガを発症するかどうかが確定したわけではありませんので生活習慣を見直したり、ワキガ専用のケアグッズを使用するなど対策を取るといいでしょう。

ホルモンバランスの変化により発症

ホルモンバランスが乱れると、ワキガの原因となってしまいます。

女性の場合、生理や妊娠中、思春期などに女性ホルモンの分泌量が多くなってしまうとアポクリン腺が活発になりニオイが強くなってしまいます。

男性の場合も、男性ホルモンが多く分泌されるとアポクリン汗腺が活発化してニオイが強くなります。

ホルモンバランスが崩れないように特に女性の場合は無理なダイエットなどはせず、健康的な生活を送るといいでしょう。

生活習慣の乱れはワキガに影響

不規則な生活などによっても、ワキガのニオイに影響が出てしまいます。

バランスの悪い食生活

お肉ばかり食べるバランスの悪い食生活だと、動物性たんぱく質を多く摂取してうまく消化できず、ワキガを悪化させる原因となってしまいます。また、動物性たんぱく質は、アポクリン汗腺からの汗に含まれる脂質やたんぱく質を増価させます。

肉を控え、野菜などバランスをよく摂取して消化を促し、汗に含まれるニオイの原因を減らしましょう。

飲酒や喫煙がワキガを強くする

タバコに含まれているニコチンは、アポクリン汗腺・エクリン汗腺どちらの分泌も増やしてしまいます。また、アルコールにも発汗作用があるため、多く汗をかいてニオイを強めます。

どちらも、たしなむ程度の場合はストレス解消にもなっていいのですが、いつワキガの原因になるかわかりませんので少しずつ減らすなどしてみるといいでしょう。

過度なストレス

強いストレスを感じるとストレスに対抗するべくホルモンが分泌されるため、ホルモンバランスが崩れてアポクリン汗腺を刺激します。

さらに、精神的な理由でかく汗は皮脂などの多いどろどろとした汗で雑菌が繁殖しやすいため、ワキガの原因になる可能性が高くなってしまいます。ストレスをためないよう、趣味や運動をしたりアロマでリラックスもおすすめです。

睡眠不足が交感神経に影響

睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経がバランスよく機能できません。交感神経が優位な状態が続くとアドレナリンが放出され、アポクリン汗腺からの汗が多く出てしまいます。

よい睡眠のために、寝る前にストレッチをしたり、ゆっくりとお風呂に使ってリラックスするとよいでしょう。

太っている人は汗をかきやすくワキガに影響

太っている人は体内に熱がこもりやすいため、熱を放出するために汗をたくさんかきます。また、皮下脂肪は汗腺を刺激する原因の1つでもあるため、ワキガを発症する可能性が高くなってしまいます。

有酸素運動などを取り入れて、代謝や発汗を促しましょう。特に有酸素運動は、ワキガを軽減させる効果もあるのでおすすめです。

脇毛が生えていると脇が蒸れやすい

脇毛が生えていると汗が蒸発しにくく、肌について蒸れてしまいます。汗そのままではニオイにくいものでも、脇毛に防がれて蒸発しなかった汗が雑菌を繁殖させて強いニオイの原因になります。

脇毛は、きれいに処理するといいです。脇毛を剃ると汗が増えるという話もありますが、脇毛がなくなった分体感としてそう感じるだけで増えることはありません。

これは意外!ワキガを悪くする原因

あまり知られていない、ワキガを悪化させてしまう意外な原因があります。生活習慣など、色々気を付けているのにニオイが強くなってしまった!!という人は、もしかしたらこれらが原因かもしれません。

冷房、暖房がワキガに影響する

冷房、暖房が効いて過ごしやすい環境は、とてもありがたいことです。これがワキガを悪化させているなんて信じられないかもしれません。

しかし、冷房で汗をかかないことによって体の老廃物が溜まりやすくなることや暖房の効いた室内で冬服を着ていて汗が蒸れ、雑菌が繁殖してしまうことなどが起こってしまいます。

汗腺を正常にする、汗腺コントロールや半身浴などでどろどろした汗をかきにくくし、さらさらな汗にするといいでしょう。

コーヒーの飲み過ぎはワキガを誘発

コーヒーに含まれるカフェインは、交感神経を刺激して脳を活性化させます。しかし、アポクリン汗腺も刺激するため発汗が増え、飲みすぎるとニオイが強まる原因になってしまいます。

ワキガを強くしてしまう食べ物

バランスの良い食事をとっていても、ワキガを悪化させる原因となる食べ物は存在します!

肉や乳製品など動物性たんぱく質の食品は、最もワキガを悪化させる食べ物です。さらに、ニオイの強いニンニクやネギなどや油などは、ワキガと混ざって汗となって放出されるためより強いニオイの原因になってしまいます。

香辛料は辛さが汗腺を刺激して汗が増え、さらに香辛料の成分がニオイに影響を与えてしまいいます。

完全に食べないというのは難しいので、野菜や豆、魚、穀物などニオイを軽くする食べ物を合わせて摂取しバランスをよくしましょう。

ワキガは人にうつってしまうのか?

ワキガの人の服を着てしまうとワキガがうつる・・というのはよく耳にすることですが、実際のところワキガは体質なので人にうつるものではありません。

服にはニオイがつきやすく落ちにくいので、人に貸す場合などはよく洗うといいでしょう。

まとめ

意外にたくさんあるワキガの原因をご紹介してきました。ワキガは、遺伝や生活習慣などだけではなく、冷暖房や食べ物や飲み物でも発症する可能性があります。

それぞれをすべてこなそうと思うと、かなりストレスになってしまいますので、神経質になりすぎず、ケア用品や病院に相談など色々組み合わせて対処するといいでしょう。