靴を脱いだ瞬間に辺り一面に漂うのが足のニオイです。そのニオイは納豆臭にも例えられます。
納豆なら臭くても食べられますが、足のニオイは耐えられません。足のニオイはなんであんなに臭いのでしょうか?予防したり、ニオイを消す方法はあるのでしょうか?
足から漂う納豆臭について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

足が納豆臭くなってしまうのは水虫が原因?

足は1日にコップ1杯分の汗をかくといわれている蒸れやすい場所です。靴や靴下で被われている足は、常に高温多湿の状態になっています。
そこに雑菌が発生し、汗や皮脂、アカを食べて分解します。この分解された物質が納豆臭の原因といわれています。
ですので、必ずしも水虫が原因で納豆臭くなるわけではありません。水虫は白癬菌(はくせんきん)という菌に感染することでかかります。
白癬菌は水虫の人から剥がれた皮膚などから感染します。プールや温泉といった不特定多数の人が利用する場所にはウヨウヨいます。
帰宅したら、よく足を洗って白癬菌を落とすことが、水虫の予防になります。もし水虫になってもすぐに足が臭うわけではありません。
水虫が進行して、皮がむけたり、ジュクジュクしてきた足の皮膚に雑菌が入ることでニオイがでるようになるのです。

足のニオイにも色々と種類がある?

足のニオイには種類があります。あなたの足はどのタイプでしょうか?

発酵臭(納豆臭)

足の臭いで一番多い、納豆やチーズに例えられる発酵臭です。
雑菌が足の汗や皮脂を分解すると、イソ吉草酸(いそきっそうさん)という物質を作り出します。このイソ吉草酸が、発酵したニオイである納豆臭の正体なのです。
靴の中は高温多湿という雑菌の楽園のような環境なので、特別な事ではなく誰にでも起こりうることです。

アンモニア臭

ツーンとした酸っぱいニオイやおしっこのようなアンモニア臭がします。アンモニア臭がする場合は、肝機能の低下が考えられます。
お酒をよく飲む人の体からは、アンモニアのニオイがすることがあるので、足からも漂っている可能性があります。
肝機能の他にもストレスや自律神経が乱れている時もアンモニア臭がします。

雑巾臭(生乾きのようなニオイ)

発酵臭、アンモニア臭でもない雑巾や生乾きの洗濯のようなニオイがこれにあたります。下痢や便秘を繰り返すような大腸の調子が悪い人に考えられるニオイです。

足のニオイがキツくなる悪い習慣とは?

足は靴や靴下を履くことで蒸れて高温多湿になるので、雑菌が繁殖しやすい箇所です。しかし更に足のニオイを強めてしまう習慣があります。

素足やストッキングだけで靴をはく

足は汗をかきやすいので、そのまま靴を履いてしまう、通気性の悪いストッキングで靴を履くなどすると、蒸れて臭くなってしまいます。靴下は、足の汗を吸収する役割をするので、靴下をはいて靴を履くようにします。

足を綺麗に洗っていない

足の指を1本1本包み込むように丁寧に洗います。かかとやくるぶしもしっかりと洗います。
足は古くなった角質がアカとなってたまりやすい箇所なので、しっかり洗う必要があります。古くなった角質やアカは雑菌の大好物になるからです。

靴を乾燥させないで履いてる

靴は雨や雪の日に濡れることがあります。天気の良い日でも1日履くとぐっしょりと湿気がこもっています。抗菌シートで拭いたり、新聞紙を詰めるなどして2、3日は陰干ししてしっかりと乾かします。

お肉中心の食生活

肉食女子ともいわれるように、肉を好んで食べる人が男女ともに増えています。肉に含まれるたんぱく質が分解する時に、足のニオイの原因になる物質を作り出します。
体臭や足のニオイもキツクなってしまいます。野菜もバランス良く食事に取り入れることです。

足の納豆臭は女性でもある?

足の納豆臭といえばサラリーマンの革靴が真っ先に思い浮かびますが、もちろん女性でもニオイます。
女性は自分の足が臭いなんて大きな声では言えませんが、ストッキングをはいてパンプスを履いたり、ブーツを履いたりするので、納豆臭ができる環境を好んで作ってしまっています。足は季節にかかわらず1年中汗をかきます。
ストッキングで通気性が悪くなったパンプスの中や、ブーツで足を被っている部分が増えると、更に蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。
雑菌が足の汗や皮脂、アカを食べて分解するとイソ吉草酸を作り出します。イソ吉草酸はチーズや納豆といった発酵したニオイをまき散らします。
女性のブーツの中の足は、中年男性の足よりも納豆臭いかもしれません。

足の納豆臭を予防する方法

足のニオイの種類別の対処方法を紹介いたします。

発酵臭(納豆臭)

足のニオイの原因は雑菌が繁殖することにあるので、雑菌のエサである古くなった角質やアカをためないようにします。
足の爪を切ったり、かかとの角質のお手入れをすると良いです。また、重曹を使うことで消臭効果があります。
重曹を薄めたお湯に足をつける足湯もお勧めです。

アンモニア臭

肝機能が低下すると通常は尿で排出されるアンモニアが血液中に排出され、汗にも分泌されるのでアンモニア臭がするのです。
適度な運動をし、入浴時間をゆっくりとり、食生活を改善することです。
しじみ等に含まれる「オルニチン」はアンモニアの分解を助ける働きをしますので、積極的に摂るようにします。
発酵臭で紹介した重曹を薄めたお湯で足湯をした後に、ミョウバン水を足裏や足の指の間にスプレーすると良いです。

雑巾臭(生乾きのようなニオイ)

腸内環境がよくない状態です。腸の調子を整えるために、お酒をあまり飲まずにデトックスして老廃物を排出します。
ごぼうやこんにゃくなどの食物繊維で腸内を掃除するのも良いです。

靴の中まで納豆臭になってしまったときの対処法

靴の中にしみついた納豆臭はなかなか取れません。毎日のお手入れが大切です。

新聞紙を詰める

脱いだ靴の中に新聞紙を詰めます。昔からある手軽な方法ですが、新聞紙は湿気をよく取り除いてくれます。
雑菌を繁殖させないためには、早く乾燥させることが重要です。新聞紙はいつまでも入れておかず、湿気を吸い取ったら取り除くようにします。

消臭剤を入れる

靴の中に入れる専用のパウダー式の消臭剤があります。革靴やスニーカーにも使えます。
靴を履く前にパウダーを靴の中に入れて全体にいきわたらせるだけです。消臭効果は半年位もつものもあります。

足の納豆臭を無臭にする方法をご紹介!

一刻も早く納豆臭を無臭にする方法をご紹介しますが、人により個人差はあります。

サイズの合わない靴を履かない

サイズが合わない小さい靴は足の蒸れを誘発します。気に入っているから、もったいないからといって履くのはやめましょう。
特に先の尖っている靴は、足の指どうしが密着するので蒸れやすくなります。

靴の中に10円玉を入れておく

10円玉は銅でできているので、殺菌効果があるのです。片方の靴に3~4枚づつくらい入れておきます。
早くて1晩でニオイがスッキリと無くなることもあります。

まとめ

足の納豆臭は男女問わずに誰でもニオイます。足のニオイには種類があり、足のニオイをさらに強める悪い習慣もあります。
足のニオイは予防することが大切です。すでに靴にしみついてしまった納豆臭を取る方法や、納豆臭を消す方法も試してみてください。