朝から1日中履いていた靴を飲み会などで脱ぐときには勇気がいります。自分の足って臭いかもしれない?
足のニオイは広い範囲まで届くので気になります。
足が臭いのは水虫だからでしょうか?
足のニオイや水虫との関係について詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

足のニオイは水虫が原因とは限らない!

足のニオイは水虫だから臭いというわけではありません。足のニオイも水虫も、靴の中で足が蒸れることによっておこります。
足の裏は、汗をかく汗腺が多くあるので、季節を問わずに蒸れやすい箇所です。
外出する時には靴下や靴で足を覆ってしまい、歩くことで汗がでるので蒸れてしまうのです。。足が蒸れると菌が発生します。
発生した菌が繁殖することによって、足から臭いニオイが漂うようになります。
高温多湿で菌が繁殖しているような不潔な場所は、水虫も大好きな場所です。その結果、水虫にもなりやすくなります。
水虫だから足が臭うといわれることもありますが、足が蒸れて臭うような環境になると水虫も発生しやすくなるということです。

足のニオイの原因はなに?対処法はある?

足のニオイの原因は、足が蒸れて菌が繁殖することです。足が蒸れるのは、足に汗をかくからです。
足の汗は「エクリン腺」と呼ばれる腺から分泌されており、脂肪など含まれないので本来はニオイがありません。
しかし、足が蒸れた状態で長時間放置すると、菌が繁殖して臭いニオイがでるようになります。 ですので、菌を繁殖させないことが大切です。
毎日同じ靴を履かないようにし、履かない靴は乾燥材などを入れて陰干しします。
10円玉を入れておく方法もあります。銅イオンには殺菌効果があるので、ニオイの元である菌を減らすことができます。
帰宅後は足を指の間まで丁寧に洗うようにします。5本指のソックスは、足の指1本1本の汗を吸い取ってくれるのでおすすめです。
靴下の素材は、絹や麻、綿などが吸湿性や吸汗性にすぐれています。

雑菌を繁殖をしてしまう条件とは?

菌が好むのは高温多湿です。とはいっても、靴を履いていると誰しも高温多湿の状態になります。
足が蒸れても雑菌を繁殖させないために、抗菌加工がされている吸湿性のある中敷きを敷くと良いです。女性の方は、ストッキングやパンプスはとても蒸れやすいです。
ストッキングが脱げる状況であれば、靴下に履き替えたり、サンダルなどの通気性の良い靴に履き替えると良いです。
ハイカットの靴やブーツは足を包み込む割合が多いので、蒸れやすく雑菌を繁殖しやすい環境を作り出します。

靴の中まで臭くなってしまった時の対処法とは?

足のニオイを予防していても、靴の中まで臭くなることもあります。除菌用のシートを使って、靴の中を1日に何度か拭くようにします。
一度履いた靴は、できれば2、3日は干して乾燥しておくのがよいです。

水虫ってどんな病気?

足のニオイの原因になる菌は常在菌といって誰でも持っているものです。
しかし水虫は違います。
水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が原因で、他の人から感染することでかかります。
高温多湿で不潔な環境を好むので、足が蒸れて雑菌が繁殖しているような環境は格好の餌食になります。
水虫はかゆいことが特徴ですが、できる場所によってはかゆみがないものもあります。
主に足の指や裏、かかとに小さな水疱ができたり、皮膚がパラパラと剥がれるように落ちます。
水虫によって皮膚が荒れて抵抗力が落ちると、雑菌が入りこみ臭いニオイを放つこともあります。
水虫かもしれないと思ったら、早めに皮膚科で検査してもらいましょう。

水虫の主な症状

水虫というとかゆいという特徴がありますが、中にはかゆみや水ぶくれといった症状が出ない場合もあります。
症状が無いからといって何もしないと、症状が悪化したり、家族や周囲の人にうつしてしまう可能性もあります。
定期的に足のチェックをした方がいいです。

  • 足の裏の皮がむけたり、水疱ができる
  • 指の間が湿ってじゅくじゅくする
  • かかとがザラザラになり固くなる
  • 親指などの爪が白く厚くなり濁っている
  • 足のふちに小さな水疱ができる

水虫の感染経路

水虫の原因である白癬菌は、湿った温かい場所を好みます。
人の垢などをエサに増えていくので、風呂やプールといった不特定多数の人が出入りする場所は要注意です。
白癬菌が皮膚についてしまっても、棲みつかせないことが大切です。

  • 床やカーペット
  • 風呂場の足ふきマット
  • スリッパ
  • 水虫患者の剥がれた皮膚が落ちている場所
  • プールや温泉

水虫の予防をするにはどうしたらいいの?

水虫の予防にはまず足を湿った状態のまま放置しないことです。
また、家族に水虫の人がいる場合は、うつらないようにすることです。

  • 帰宅後は足の指を1本1本丁寧に石鹸で洗う
  • 足をよく乾燥させる
  • 靴は何足かを履き替えるようにする
  • 靴は陰干しにして湿気を取る
  • 窮屈な自分に合わない靴は履かない
  • 水虫の人とバスマットやスリッパを別にする
  • こまめに床を掃除する

糖尿病の人は水虫になりやすいの?

糖尿病や糖尿病予備軍といわれる人は免疫が低下することで感染症にかかりやすいといわれています。水虫も皮膚の感染症なので、かかりやすいといえます。
また、糖尿病や予備軍の人は、血糖値が高いので、皮膚の感染症にかかると、炎症を起こしたり化膿したりすることもあります。
日頃から、水虫にかからないように予防することが大切です。
もし、水虫にかかってしまったら、早めに治療をうけることをお勧めします。
水虫が原因で壊疽(えそ)のように足が腐ってしまい、足を失うことにもなりかねないからです。

水虫は早期治療がオススメ!

水虫を治療するためには、塗り薬やスプレー式の薬があります。
市販の物もありますが、自己判断はせずに早い内に皮膚科で相談することをお勧めします。
だいたい2~3ケ月で治ることが多いです。

まとめ

足のニオイは必ずしも水虫が原因ではありません。
しかし、足が臭くなるのも水虫も、足が高温多湿で不潔な状態にになることでおこります。
足を清潔にして、よく乾かし、風通しよくすることが大切です。
水虫は原因となる白癬菌に感染しないように予防することです。
また、足を水虫が好む不潔な状態にしないことを心がけたいです。
もし水虫になってしまったら、早期治療をすることをおすすめします。
恥ずかしいからといって放っておいたら、悪化したり、他の人にうつしてしまうこともあるからです。
糖尿病や予備軍といわれている方は、特に注意しましょう。