食べすぎた後や、焼肉などを食べた後のおならって熱い時ありません?しかも、熱いおならってとてもニオイが臭い!そしてその熱いおならは病気の前兆かもしれないのです。

熱いおならは周りに人がいない状況ならまだしも、人がいたりしたら我慢して、腸内に溜めていることになります。そうすることで、腸内にダメージを与えてしまいます。

そこで、この記事では熱いおならが出てしまうことで果たして病気の前兆となってしまうのか?そして熱いおならの改善点をご紹介いたしますので参考にしていただけたらと思います。

おならのニオイで悩んでる人に朗報!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
おならの臭いを99%消臭する下着【ガスメディックパンツ】保存袋付き

スポンサーリンク

熱いおならはニオイも強烈!

火傷しそうな熱いおならは、悪玉菌による腐敗物質が原因だと言われています。悪玉菌が増殖し、消化物を発酵、腐敗させていることによって腸内では熱が発生しています。

熱いおならは腐敗臭を出しているので、ニオイがとても臭いです。腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、善玉菌よりも悪玉菌が優勢に働いてしまうと腸内環境が悪くなり、下痢になったり便秘になったり、最悪大きな病気になってしまうことも…

善玉菌と悪玉菌の詳しい事はコチラのページを参考にして下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>>熱い臭いおならを改善するには善玉菌と悪玉菌のバランスを意識する!

臭いおならが出る理由

熱いおなら
おならには、発酵して出る物と、腐敗して出る物があります。

発酵して出るおならは、ニオイも控えめであまり気になりません。イモ類や豆類など善玉菌を活発にする食品は、腸内で発酵されおならのガスの主成分が二酸化炭素・メタンになるため、おならが臭くならないのです!

腐敗して出るおならは、肉類や乳製品など動物性タンパク質を摂取した際に、臭いおならが出てしまいます。腸の中で動物性タンパク質を分解すると、アンモニア・硫化水素・スカトール・インドールという刺激臭の強い成分が腐敗臭を発生させてしまいます。

さらに、動物性タンパク質は悪玉菌を増殖させ、消化できなかった食べ物を腐敗させ、臭いおならを発生させてしまうのです。

ニンニク・玉ねぎ・大根などを食べる際は注意が必要で、これらには硫黄化合物が含まれているのでたくさん食べるとおならが臭くなってしまいます。

硫黄化合物は、殺菌作用により腸内の善玉菌を活動を弱め、悪玉菌を強くしてしまうので、食べ物を腐敗させやすくなる原因になってしまいますので、ニンニク・玉ねぎ・大根などを食べる際は気をつけましょう!

熱いおならがよく出てくる場合は病気の前兆かもしれない!

熱いおなら
熱いおならが出るということは、内蔵に病気があるかもしれません。必ず病気というわけではありませんが、危険な状態の可能性も!

熱いおならが出ることにより、考えられる病気をご紹介いたします。

胃や腸の病気の可能性

熱いおならが出る時は、胃や腸に問題がある可能性があります。胃腸炎や、慢性胃炎、胃潰瘍などの場合は、よくおならが出たり、おならが臭くなってしまうことがあります。

過敏性腸症候群や直腸癌、大腸癌なども腸内環境を悪くし、悪玉菌が増殖している状態です。

過敏性腸症候群はとても有名な病気で、20代から40代に多くストレスが溜まりやすい国では神経症やうつ病の一種として考えられています。

膵臓や肝臓の病気の可能性

慢性膵炎等の膵臓の病気は、脂肪の消化吸収力を低下させ、便の量が増えたり、下痢などになりやすいです。脂肪便というのがあり、油の混じった便や黄色い油だけ出てくる便が出るということもあります。

胆石によって胆嚢炎を起こすと胆汁が出にくくなり、肝臓が作る胆石を胆嚢に貯蔵されにくくなり、腸内環境が悪化。臭いおならがたくさん出る症状になってしまいます。

おへそ周辺に痛みを感じたら注意が必要かもしれません。

熱いおならを出さない為にするべき9つの事!

熱いおならを出さない為に!
熱いおならは、腸内環境が悪い事を指しますので、しっかりと改善することが必要です。場合によっては、大きい病気につながってしまうので、これから紹介することに気をつけて、日々生活をしていただけたらと思います。

1.ストレスを出来るだけ溜めない

精神的なストレスを感じたりすると、唾を飲み込むことが多くなります。そうすることで、唾と共に空気も飲み込むことになり、腸内にガスが溜まっていきます。

ストレスにより、おならを我慢する傾向があり、濃厚なガスが溜まりおならを出した時に熱く感じます。

出来るだけストレスの溜めない生活を心がけ、ガスの溜まらない腸内環境を作りましょう!

2.便意を我慢しない

周りにトイレが無い、または行けない状況で便意が来る場合があると思いますが、便意の我慢は熱いおならを出してしまう原因になります。

おならの我慢にも言えますが、便意を我慢してしまうと悪玉菌が増殖し、密度の高い濃厚な腐敗ガスが腸内に蓄積されていきます。

我慢した後に、便を出すとその後におならが出るときがありますよね?それは腸にガスが溜まっている証拠です。なるべく便意を感じた時はすぐにトイレに行くように心がけましょう!

便意やおならの我慢による悪い影響はコチラで詳しく紹介していますので参考までに!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>>おならの我慢はカラダに悪かった!

3.適度な運動を心掛ける

ウォーキングやストレッチでも良いので、適度な運動を心掛けるようにしましょう!そうすることで、腸を刺激し、腸内に溜まりやすい腐敗ガスがおならとして出やすくなります。

熱いおならの改善と共にダイエットも出来るので、最低週に3、4回は適度な運動を心掛けてみると良いでしょう!

4.カラダに合わない食べ物はなるべく避ける

例えば、牛乳を飲んだ時にお腹を壊しやすいなんてことがあると思います。私もその一人です。その場合は、牛乳がカラダに合っていない可能性があるので、あまり飲まないほうが良いです。

合わない物を飲み食いすると、腸内にガスが発生しやすくなり、おならが出やすく、便意が発生してしまいます。

5.発酵食品を食べる

日々の食事に発酵食品を取り入れると腸内環境が良くなります。発酵食品と言えば、味噌や納豆、醤油などになりますが、一番良いのはヨーグルトです。

ヨーグルトは腸内環境を良くしてくれて、腸内の善玉菌を増やしてくれるので、悪玉菌による熱いおならを抑制してくれます。

6.食物繊維の取り過ぎは良くない

食物繊維はカラダに良いですが、おならにはあまり良くありません。1度に食物繊維を大量に摂ってしまうと、腸内にガスが大量発生し、おならが出やすくなるため、熱くて臭いおならがでやすくなってしまいます。

その為、熱いおならを抑制するなら、食物繊維は適度に摂取するようにしましょう。

7.油っぽい食事は控える

油の大量摂取は、消化を悪くしてしまい腸内で腐敗したガスが発生しやすくなってしまいます。

揚げ物などは、なるべく控えたほうが良いでしょう。

8.食事はよく噛んで食べる

よく噛んで食べるということは、食べ物を細かくして消化をしやすくします。つまり早食いはよく噛んで食べていないことから消化がスムーズに行われないことになり、消化器官の負担が大きくなります。

さらに、胃に食べ物が入ることで、脳に食事をしているとサインを送るのですが、早食いの場合、そのサインが送られる前に必要以上に食べてしまう傾向から満腹の信号が遅れて脳にサインをおくります。

ゆっくりよく噛んで食べるということで、血糖値の上昇を予防することができるので、意識して食事をしましょう。

9.寝る前に食事はしない

寝る前の食事は腸に負担をかけてしまいますのでやめましょう。睡眠中は胃腸の働きが鈍くなり、カラダを横にしてしまうと胃と食道が平行になってしまうので、消化不良を起こしかねません。

肌荒れや太る原因にもなりますので、食事をした後は4時間以上時間を空けて睡眠をとるようにしましょう。

熱いおならを改善すると共に得られる3つの嬉しい効果

熱いおなら
熱いおならの改善は、腸内環境をよくすることが大事です。腸内環境を良くすることで他にも色んな効果が期待できます。

1.口臭・体臭を抑えられる

腸に溜まった腐敗臭は、ひどい場合はげっぷや呼吸で口臭として出てきてしまいます。肝臓の機能が低下してしまうと、食べ物を分解して無臭化してくれなくなり、血流に悪臭成分が入り込みます。

それにより、体中を巡り口臭や体臭となってしまうのです。

2.病気に強くなる

腸内環境を整えると、免疫力が上昇します!そうすることで、風邪や花粉症、腸などの病気を予防することができます。

腸内環境が良いということは、善玉菌が優勢に働いている証拠なので、病気に対しての耐性が強くなるのです。

3.美容、健康にも最適!

一見関係の無いように見えますが、腸内環境で美容と健康が良くなります!腸内環境を整えるだけで、美肌やアンチエイジング、美ボディなどの美容効果が期待できます。

腸内環境をよくすることで、宿便も減少しダイエットの効率もアップ!病気の予防になるので、当然健康にも最適です!

まとめ

誰でもおならは出ます。生理現象なので仕方ありません。ただ、おならは外に排出しなければいけませんので、ニオイがあると周りに迷惑がかかってしまいます。

そして熱いおならはとくに強烈です(汗 私も濃厚なラーメンを食べた後、辛いものを食べた後、焼肉をお腹いっぱい食べた後などは、本当におならがひどいニオイがして、自分のおならで失神しそうな程です。

おならの改善は、腸内環境を整える事!それによって得られるものはおならだけではなく、美容健康にもつながりますから、これまで紹介したことを意識してみると良いでしょう!