熱いおならや臭いおならを改善させるには善玉菌と悪玉菌のバランスを意識しなければなりません。
ニオイの強いものやカラダに悪そうなものを食べた時に多いのが熱くて臭いおなら…
多くの人に経験があると思いますが、屁を出すのも抵抗してしまうような熱さのおならが出てくる時は、たいてい強烈で臭いおならが出てきますよね。
そもそも善玉菌と悪玉菌の存在を知らない人のためにどういったものかを説明致します。
おならのニオイで悩んでる人に朗報!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
おならの臭いを99%消臭する下着【ガスメディックパンツ】保存袋付き

スポンサーリンク

善玉菌と悪玉菌って何?

善玉菌悪玉菌何
人間の腸内には、善玉菌と悪玉菌が生息しています。しかし、お互いに勢力を拡大しようと企んでおり、腸内では勢力争いが繰り広げられているのです。
勢力図には限られているため善玉菌が増えれば悪玉菌が減りますし、もちろん悪玉菌が増えれば善玉菌が増えます。
聞いたことのある人もいると思いますが、それぞれの陣地の事を腸内フローラと呼び、常に腸内フローラを拡大するため日々善玉菌と悪玉菌は戦っているのです。

善玉菌と悪玉菌がカラダに与える影響

影響
善玉菌と悪玉菌にはそれぞれカラダに与える影響があり、多ければ多い程その影響は強くなり良い方向や悪い方向へと向かいます。
そこで、善玉菌と悪玉菌の特徴をご紹介していきます。

善玉菌は健康を維持する大切な菌

善玉菌は、健康維持など生きる上で必要な物質を作っています。皆さんご存知のビフィズス菌、乳酸菌などは善玉菌にあたり、その他にも納豆菌、酵母菌、麹菌などの善玉菌が存在します。
また善玉菌がカラダに与える影響として以下のものがあげられます。

  • 消化吸収
  • 免疫力上昇
  • 感染防止
  • 腸の蠕動運動
  • ビタミンやホルモンの生成
  • 脂質代謝

など、健康を維持するには善玉菌は非常に大事なものなのです。

悪玉菌はカラダに悪影響を及ぼす!

悪玉菌は腸内で有害な物質を生成します。それにより、腸壁がどんどん時間をかけて負傷していき、腸や肝臓の機能低下や癌を引き起こす可能性があります。
肝臓の機能が低下してしまうと、有害なものを解毒するパワーがなくなり、体中に回ります。そうすると生活習慣病などにつながり、免疫力低下、消化不良などにも影響が出てきてしまいます。
また、おならにも影響し熱く臭いおならの原因にもなります。
悪玉菌が優勢になってしまうと、カラダに悪影響を及ぼす結果となってしまうのです。

悪玉菌でもカラダには必要なもの!

善玉菌と悪玉菌はもちろん善玉菌が多いほうがいいとされていますが、悪玉菌を少なくしすぎるのもよくありません。
悪玉菌は不要な菌ではなく、善玉菌は悪玉菌があってこそその効果を発揮してくれるのです。
なので、善玉菌を優位に立たせ尚且つバランスを保つことで、カラダを健康に保つことが可能なのです。

善玉菌と悪玉菌の他にもう一つ日和見菌というものがある!

日和見菌
善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまい不安定になってしまうと、日和見菌という菌が勢力を拡大します。
この日和見菌というのは、善玉菌と悪玉菌の優勢な方に力を貸す菌であり、その際に悪玉菌が優勢だと悪玉菌に力を貸してしまうので、常に善玉菌を優勢にさせとくことが重要になってきます。
実は、善玉菌と悪玉菌より圧倒的に占めているのが日和見菌!理想の割合は、善玉菌15%、悪玉菌10%、日和見菌75%とされています。
これだけ善玉菌と悪玉菌が僅差だとバランスを維持するのも大変!日々の食生活などを工夫しないと、あっという間にこのバランスは崩れてしまうのです。

善玉菌を増やすにはどうしたらいい?

善玉菌を増やすには、食生活を見直すことが大切!主に、発酵食品に善玉菌が含まれているものが多いです。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • 味噌
  • キムチ
  • ぬか漬け
  • チーズ
  • 醤油

などなど!大豆系が多いですね!味噌、醤油等は日本食には欠かせないものなので日頃摂取している方も多く、特にヨーグルトは乳酸菌、ビフィズス菌等が多く含まれており意識して食べる方も多いです。
しかしヨーグルトは、牛乳に含まれた糖質が原因で食べ過ぎると消化不良になり腸内環境が悪くなることもあります。
また、悪玉菌の大好物な脂肪分も多いのでお互いに力を強めてしまうので注意が必要です。

善玉菌と悪玉菌のバランスは?腸内環境を調べる方法!

善玉菌悪玉菌
腸内環境の状態は病院や検査キットをしようすることで調べることができます。また、日常生活でのセルフチェックも可能ですが、病院や検査キットを使用した方が確実なのは事実ですがご紹介します。

病院で検査する方法

病院では腸内フローラ検査というものがあります。胃腸科や皮膚科、美容外科等で検査を受けることができ、検便を元に善玉菌と悪玉菌、日和見菌の割合を数値で出してくれます。
医師がしっかりと対処法を説明してくれますので、それに従って生活することで善玉菌を優勢な状態へと運ぶことができます。

検査キットを用いる方法

検査キットは色々なメーカーから販売されており、お値段は少々高いですが自分で出来る検査キットとして使用できます。
結果が出たら、ネットで調べれば簡単に確認ができるので、病院に行くのが怖い、行く暇が無い人でも安心です!
病院でかかる費用よりはお安いので、手軽に出来るグッズとして重宝されていますので是非試してみて下さい。

日常生活でのセルフチェック

ちょっとした日常生活で腸内環境の状態が分かります。数値には出ませんが明らかに悪玉菌が優勢の時はカラダにしっかりと出てきます。
以下の事を気にしてみて下さい!

  • 毎日決まった時間にスッキリ便が出る
  • 口臭が気にならない
  • おならが毎朝出る
  • 熱いおならが出ない
  • 体臭が無い
  • 肌荒れがあまりない
  • 胃が重く感じない
  • カラダにだるさがない
  • アレルギーがあまりない

これらで当てはまらないことが多ければ多い程あなたは悪玉菌が優勢な状態です。
当てはまっていれば、腸内環境は正常でバランスが保たれている状態ですので、安心して下さい!

まとめ

日頃、善玉菌や悪玉菌を意識することなんて無いと思いますが、これを機会に意識して頂けたらと思います。
1番分かりやすいのは便からです。スッキリとバナナのような便が出ない人は注意が必要でしょう。
熱くて臭いおならも要注意!おならが臭いということは腸内環境が悪い証拠なので、一回でもあったら疑ってみてください。
そして、食生活や生活環境を見直して善玉菌を優勢にしましょう!