大切な恋人とのキス。口臭に邪魔されては、いいムードも台無しです。あなたは気付いていなくても、相手はあなたの口臭を気にしているかもしれない。

出来ることなら安心してキスを楽しみたいですよね。

そんな方のために、キスの前に出来る口臭対策や、毎日口臭ケアをするための方法、相手にそれとなく口臭を気付かせてあげる方法などをご紹介します。

キスに関わる口臭の謎を、紐解いていきますので、参考にしただけたらと思います。

スポンサーリンク

口臭が気になってキスが出来ない時

キスは、恋人同士での愛情表現の一つ!夫婦間でもラブラブな家庭では、キスをするところもあるようです。ですが、キスをするときに、口臭が気になってしまったらしたくなくなりますよね!

自分に口臭がある場合は、「口が臭くて嫌われる」と思ってしまったり、逆に相手に口臭がある場合は、「相手の口が臭くてキスしたくない」と思ってしまいます。

口臭をするようになってから、相手が積極的じゃなくなった!という声もあります。

どっちにしても、お互いどちらかが口臭を気にしてしまうと、キスすらできなくなります。大切な人と気まずい関係になり破局なんてことにもなり兼ねません。

そういう意味でも口臭の対策はとても重要なことです。

キスをすると口臭をわかるのか?

果たして、キスをしている最中に口臭を感じることはあるのか?

フレンチキス程度であれば、相手に伝わることはありません!フレンチキスは一瞬のキスなので、口臭はさほど感じないでしょう。

ただ、ディープキスは危険です!ディープキスは相手と舌を絡め合うようにします。ということは、唾液や口の中のニオイが相手の口の中に侵入するということです。

当然息を吸うと、口の中のニオイは鼻で臭うこともできるため、とても危険な行為と言えます。

キスで口臭は移るの?

結論から言うと、キスで口臭が移ることはありません!口臭の原因は、口内の乾燥や内臓から来るのがほとんどなので、相手に移るということはないのです。

ただ、例外があります。歯周病や虫歯です。歯周病の原因であるジンジバリス菌は、キスをすると相手に移ることがあります。しかし、日本人の8割は歯周病持ちなので、ジンジバリス菌を持っていることから、特に影響はありません。

ということは、歯周病がない人は、移る可能性があります。

キスをしている時の口臭が気になる理由

唾液が臭い場合

口臭というよりは、唾液が臭い場合。手の甲を舐めて、渇いた状態でニオイを嗅ぐと口臭持ちはとても臭いです。

そんな唾液がキスの際に、唇やカラダ、口の中に付くと当然相手もその唾液のニオイを嗅ぐことになります。それがきっかけで、キスをしてくれなくなるかもしれません。むしろ、別れに発展するかもしれません。

唾液は、渇くことで強烈なニオイを発します。口臭が無い人でもニオイを放ちますが、口臭がある人は特にひどく、ドブや腐敗臭がします。

唾液が臭いと息も臭くなりますので、唾液のニオイがしないようにすることが大切です。

息が臭い場合

キスをするときは、誰でも感情が興奮状態になるので、口内が乾燥しやすくなります。緊張状態のときも、同じ現象が見られ、乾燥することで唾液が気化し、口臭が発生するのです。

口臭が強い人は、特に強烈なニオイで、口を長く閉じていると口の中に溜まった臭いガスがキスの際、口を開けて息を吐くと相手に口臭を嗅がせてしまうことになります。

これは、会話のときでも同じことで、営業や接客の場合だと相手に不快な思いをさせ、売上につながることもあります。

そのためにも、口内の乾燥をさせないようにすることが大切です。

キスの口臭。考えられる原因は?

口臭には、色々な発生源があります。それぞれに対し、対策法が異なるため、自分がどこから口臭が発生しているかを知ることが必要になります。

  • 生理的口臭(空腹時、寝起きなど)
  • ストレスや緊張
  • 胃腸、肝臓
  • 病気
  • 舌苔
  • 虫歯、歯周病

口臭は、およそ9割が口内によるものと言われ、その中の8割は舌苔が原因によるものだと言われています。

舌苔とは、舌の表面に白いものがついていることがないですか?舌苔は、食べかすや、コーヒーのカフェイン、タバコのニコチンなどで付着することが多く、口内の無数の菌がそれらをエサに繁殖し、悪臭が発生します。

唾液が細菌を洗い流してくれる役割を担っているのですが、緊張やストレスなどで、口が乾燥すると、細菌にとっては最高の環境になるため、大量に繁殖していきます。

特に、空腹時や寝起きは唾液の分泌が少ない状態なので、注意が必要となります。

キスの前にやるべき口臭対策!

虫歯や歯周病、病気の場合は根本から治さなければなりませんが、生理的口臭であれば、ちょっとしたことで、ある程度口臭を抑制させることが出来ます。

デートの時に、キスをする前にやっておきべき事!気をつけるべき事!をご紹介致します。

キスの前に水分補給をしよう

キスの前に口臭が気になるようであれば、水分補給をするようにしましょう!舌苔や食べカスなどを、洗い流すことができます。この際、コーヒーやジュースなどを飲むと、カフェインや糖分が舌に付着し、逆効果になるため注意してください。

口内を乾燥させないよう唾液を出す

口内乾燥は、細菌を増殖させ、口臭を悪化させますので、唾液を出すよう心掛けることが必要です。

  • 顎をうごかす
  • しゃべる
  • 酸っぱいものを想像する
  • ガムを噛む

など、これらを行うことで唾液の分泌を促すことができるので、試してみてください。

深呼吸をして気持ちを落ち着かせる

キスの前は、緊張や興奮状態で、口の中が乾燥しやすくなっています。唾液の分泌を促す交感神経を整えるために深呼吸をすることをオススメします。

息を限界までゆっくりと吸い、長く深く息を吐くようなイメージでやると気持ちが落ち着きます。

口臭を感じさせないキスの仕方

口臭の対処ができなかった時、でもそういう雰囲気になってしまったらキスしたいですよね?好きな人なら尚更、しないわけにはいきません。
そこで、キスの最中に口臭を感じさせない方法をご紹介します。

息を止めてキスをする

息を止めてキスをすることで、相手に口臭を感じなくさせる方法。あんまり長い時間やってしまうと、苦しくてハァハァ言ってしまって引かれてしまう恐れがありますので注意してください。

鼻呼吸だけでキスをするのもありですが、そちらに意識を集中してしまい、相手への気持ちに入りきれない可能性がありますが、慣れてしまえば簡単です。

お風呂場や雨の中でキスをしよう

お風呂場や雨の中でのキスは、湿気が多いため口内が乾燥しにくくシャンプーなどの香りで、口臭が気になることはありません。雨の中でキスをする大胆さに相手もびっくりして口臭どころではないでしょう(笑

いいムードになったらアロマを焚こう!

いいムードになったら部屋にアルマを焚いて口臭を感じさせないようにしましょう!アロマの香りとムードに意識がいき、口臭を気にしなくなるように仕向けます。

相手の好きな香り等も考慮して、嫌いなニオイにならないよう慎重に香り選びをしましょう。

最高のキスをするためにやっておくべき口臭予防!

キスをする時は、やはり最高のムード、シチュエーションでしたいですよね!口臭なんてあったら台無し!あれだけ好きだった相手の事を、それがきっかけで嫌いになってしまうかもしれません。

そんなことが無いように、日頃からしっかりと口臭を予防しておく必要がありますので、ご紹介させていただきます。

丁寧に歯をよく磨こう

歯周病や虫歯の口臭はとてもひどいので、普段からしっかりと歯をケアしていくことが大切です。

ゴシゴシと思い切り磨くのではなく、優しく小刻みに歯を磨き、まんべんなくやりましょう。電動ブラシなどを使えば楽かもしれません。

思い切り歯を磨くと歯が削れて、虫歯の原因にもなり兼ねないので注意してください。

歯並びが悪い人は、糸ようじなどを使い歯ブラシでは届かない部分の歯垢を取り除くと良いです。

虫歯、歯周病にもう既にあるという人は、早めに歯医者さんに行くようにしてください!ついでに歯石や歯垢も除去してもらいましょう!

舌苔を取り除こう

舌苔は、口臭の原因です。普通ならピンク色でキレイな舌も、舌苔が付着すると、白や黄色っぽくなります。歯ブラシでも落とせないことはないですが、舌を傷つける可能性があるためオススメしません。

ちゃんとした舌専用の舌ブラシやタングスクレーパー等で取り除くか、口臭外来を頼り、取り除いてもらうかしてください。

キウイやパイナップルを舌で転がすことでも、舌苔を取り除くことができるのでこちらも試してみると良いかもしれません。また、水(300ml)食用の重曹(1g)を溶かしてうがいをすると舌苔が取り除けるようです。

何をしても口臭が消えない場合は病院へ!

ガムやタブレット、歯磨き、舌苔取りなど色々試してみたけど口臭が消えてくれない!そんなときは、口臭が内臓または虫歯などから来ていると考えたほうが良いでしょう。

口臭外来という、口臭について相談し最善の治療方法を教えてくれますので、とても便利です。歯医者や総合病院などに開設されており、保険は適用されませんが、特殊な機会を用いて、高度な口臭検査をしてくれます。

1時間程で検査は終わりますが、金額は5万~10万とかなりお高いものとなります。

毎回、キスする前にガムやタブレットでごまかすのはナンセンス!

口臭が気になるからといって、デートの時やキスの前はガムやタブレットに頼るのは墓穴を掘っている様なものです。相手も、「キスする時はいつもミントのニオイがするなぁ」なんて思われたら、「この人口臭気にしてるのかな?」と思われてしまうかも…

相手の為を思ってやってるのに、そんな風に思われてしまったら本末転倒です。相手がキスをする前にガムやタブレットを飲み始めたら、ちょっとダサいですよね。

ちゃんとした、無臭のサプリメントをうまく隠れて使用すると、ニオイもないので有効かもしれません。

口臭を抑えるデートコースを決める

口臭は本来、自分のカラダをなんとかしますが、デートコースでも口臭を抑えるプランを考えてみてはいかがでしょうか?

例えば、アルコール、ニンニク料理などは口臭を悪化させてしまいます。お互いに食べたり飲んだりすれば、あやふやにできますが、もし相手がお酒が飲めなかったり、ニンニクが嫌いだった場合相手はキスを拒みかねません。

そういう場合は、お酒を飲まないプランや、緑茶は口臭を抑える効果があるので、食事中は緑茶と合わせて食べる!ということを考えてみると良いでしょう。

彼氏彼女に口臭を気付かせてあげる方法

恋人の口臭がひどいから、なんとかしてほしい!だけど、なかなか指摘できないものです。

伝えるのが優しさなのか、伝えないのが優しさなのかわかりません。ただ、口臭の被害者はあなただけではないので、できることなら伝えてあげたほうが相手の人生の為には良いです。

実際に恋人に口臭があった時とった発言や行動は、

  • 正直萎えた…
  • とっさに息を止めた
  • うっかり臭いと言ってしまいキレられた。または、泣かれた
  • ガムを薦めた
  • 別れを告げた
  • 歯医者に連れてった

とストレートに伝えると、悪い方向へ言ってしまいます。伝える時はさりげなく遠回しに伝えることで、相手を傷つけずに気付かせてあげましょう。

例として、

  • 自分が口臭と装い、相手にニオイを意識させる。
  • 体調が悪いの?とソフトな表現で口臭を意識させる。
  • 友達を紹介する時に、「この人鼻が敏感で…」などと遠回しに意識させる。
  • 「私、昔口臭があったんだけど、あなたも…」という自分を犠牲にして伝える。

などというように、相手を心配、気にかけているという表現を使うことで、相手にそれとなく意識させることができます。一緒に口臭ケアをしてあげると尚良いでしょう。